リアルな新型「アイボ」発売

愛くるしいロボット犬が再登場しました。

ソニーは1月11日、AI(人工知能)を搭載した新型「aibo(アイボ)」を発売しました。

多くのユーザーに愛された旧型の生産が打ち切られたのは2006年。

12年ぶりのアイボ復活でソニーも復活といきたいところでしょう。

アイボの名前はAIと日本語の相棒をもじったものです。

新型アイボはソニーが新たに開発した超小型1軸・2軸アクチュエーターを搭載して22軸の可動域を実現。

旧型よりも動きが滑らかになり首を傾げたりちんちんをしたり、愛らしい仕草をするようになりました。

本体価格は19万8000円。

これとは別にクラウドにアクセスしてアイボを育てていくために「aiboベーシックプラン」への加入が必要になります。

アイボが喜ぶ骨型のおもちゃ「アイボーン」も2980円で販売される予定です。

前のアイボよりかなり本物っぽいですね。

充電に3時間かかりバッテリーは2時間しか持たないのが弱点といったところでしょうか。

管理人もアイボに癒されたい・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする