ジブリ映画「ゲド戦記」の原作とは?

映画公開からだいぶ経ちましたが今も人気です。

てっきりオリジナルの映画かと思ったんですが原作があるそうです。

ゲド戦記』は、アーシュラ・K・ル=グウィンによって書かれ、1968年から2001年にかけて出版されたファンタジー小説です。

太古の言葉が魔力を発揮する多島海(アーキペラゴ)、アースシーを舞台とした魔法使いゲドの物語です。

神聖文字で表記される「真(まこと)の名前」が存在し、それを知る者はそれを従わせることができます。

人は己の真の名をみだりに知られぬように通り名のみを名乗っています。

主人公を例に採ればゲドが真の名で、ハイタカが通り名です。

他のファンタジー小説にもだいぶ影響を与えているそうです。

映画では分かりづらい部分も原作を読めば分かるかもしれません。

気が向いたら読んでみようかと思います。

読者をアースシーの世界へ連れて行ってくれる事でしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする