1月16日『藪入り』とは

藪入り(やぶいり)とは、かつて商家などに住み込み奉公していた丁稚や女中などが実家へと帰ることのできた休日の事です。

旧暦1月16日と旧暦7月16日がその日に当たっていた。7月のものは「後(のち)の藪入り」とも言います。

藪入りは奉公人たちにとっては年に2度だけの貴重な休日であり、重大なイベントであったため、これにちなんだ小説や俳句、落語(「藪入り、旧題お釜さま」など)なども多く残っています。

藪入りと言っても今はもう全然関係ないですが雑学として覚えておいて損はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする