自動で荷物を運ぶ宅配ロボ

自動で荷物を運ぶ宅配ロボットの開発が現在すすめられています。

第1回自動運転EXPO」に、クルマの自動運転システムやロボットの開発を手がけるZMP(東京都文京区)が宅配ロボット「キャリロデリバリー(CarriRo Delivery)」を出展しました。

箱型の胴体の下にタイヤがついており最大6km/hで屋内外の自律走行が可能です。

自動で荷物を目的地まで届けます。

まだ実験段階でこれから更に開発を進めていくそうです。

ZMPは今後も、配達員の人手不足などの課題を抱える事業者とともにさらに多くの実証実験を行いたいと考えています。

自動で配達できれば便利でいいですねぇ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする