ロシアの危険すぎる「カンディンスキー橋」

ロシアのヴィティム川には世界でも屈指の危険な橋「カンディンスキー橋」が架かっています。

普通なら立ち入り禁止になっていてもおかしくないほど老朽化しているうえに柵もありません。

幅も1.8メートルと非常に狭い。

それでも命知らずたちがこの橋を通り抜けようとしています。

1980年代もともとは鉄道用としてヴィティム川にかけられた橋なのだが完成することなく放棄されました。

幅は1.8メートルと、一般的な車がギリギリ通れる程度の幅しかありません。

しかも金属の骨組みに腐りかけた木の板が張られているだけです。

挑むには技能と度胸が必要でしょう。

現在はカンディンスキー橋と並行して別の鉄道橋があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする