群馬県草津白根山噴火 1人死亡11人怪我

1月23日午前、群馬県の北西部にある草津白根山が噴火しました。

警察や消防などによると噴火による噴石で近くのスキー場で訓練をしていた陸上自衛隊の隊員1人が死亡し、ほかの隊員とスキー客の合わせて11人がけがをしているということです。

スキー場のロープウエーの山頂駅の近くには、一時およそ80人が取り残されましたが、全員救助されたということです。

気象庁によると午前10時ごろ草津白根山で地盤の変動を伴う振幅の大きな火山性微動が観測されました。

草津白根山の本白根山の鏡池付近の火口から1キロ以上離れた場所まで噴石が飛んだそうです。

噴火ですか・・・

ご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする