元祖ショートケーキ

〇発案者は不明

日本の「スポンジとクリームが層になって、イチゴなどがのせられた」ショートケーキは英語圏ではレイヤーケーキと呼ばれることが多いそうです。

この「スポンジケーキ+ホイップクリーム+イチゴのケーキ」を大正時代に日本に紹介して広めたのは不二家ですが発案者が誰なのかは伝わっていません。

〇アメリカ式ショートケーキ

ケーキといえばヨーロッパというイメージが強いですが、前述の不二家説では日本式のショートケーキはアメリカ合衆国の庶民的な家庭菓子ショートケイクを日本風にアレンジしたものとされています。

アメリカ式のショートケーキは日本式に見られるスポンジケーキではなく、「ビスケット」と呼ばれるパンとケーキの中間のようなものを土台にしています。

外国のショートケーキも食べてみたいですねぇ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする