ピザの歴史について

*トマトを持ち帰ったのがきっかけ

ピザが現在の形に近くなったのは、16世紀にスペイン人がインカからトマトを持ち帰ってからです。

18世紀後半までには貧しい人々がトマトをパンに乗せる具として使い始め、ナポリのピザはすぐに訪れる観光客に対する名物料理になりました。

19世紀後半にイタリア王妃マルゲリータが気に入ってから一般にも広まりました。

*三銃士の著者も食べていた

当初、ピザは屋台や路地売りされ、あるいは屋台で売られていたが1830年に店を椅子とテーブルが整ったレストランが開店しました。

アレクサンドル・デュマ・ペールは著書の中で、ピザがナポリの貧民が冬に食べる唯一の食べ物であると説明した上で、「ナポリのピザは植物油、豚脂、牛脂、チーズ、トマト、アンチョビで味付けられている」と描写している。

皆さんもピザを食べて一日頑張っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする