世界初のドローンによる人命救助

2018年1月にシドニーの海でサーフィンを楽しんでいた2人の少年が陸地から750km離れた沖合いで救助を要請した。

偶然にも付近で「Westpac Little Ripper」の社員がドローンの操縦訓練をしていたため、迅速にドローンが少年の救助に向かうことができたという。

操縦者は遠隔操作でカメラを頼りに、溺れかけた少年の位置を特定。水難救助ポッドを少年らの元に落下させることに成功し、2人は命を取り留めることができたのだ。

これにより世界で初めてドローンによる人命救助を成功させた。

「Westpac Little Ripper」はドローン、無人ヘリ、水難救助ポッドなどの製品を開発している。今回人命救助を成功させたドローンには、拡声器や水難救助用品が詰まったバッグを取り付けることができ、遠隔でバッグを切り離して落下させることが可能だ。

これからもドローンが人命救助に役立てばいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする