珪藻の培養実験

兵庫県立大などは、バイオ燃料や医薬品の原料を生み出す植物プランクトン「珪藻(けいそう)」の培養実験設備を姫路市大塩町の下水処理施設「大的析水苑(おおまとせきすいえん)」に造りました。

下水中に含まれる栄養成分を活用して珪藻の培養コストを大幅に減らし地球温暖化の要因となっている大気中の二酸化炭素(CO2)を減らす効果も狙っているそうです。

一石二鳥ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする