南アフリカ金鉱山の作業員救出

*鉱山閉じ込め

2月1日、南アフリカのベアトリクス金鉱山で暴風雨のため停電が発生し、作業員955人が坑内に24時間以上にわたって閉じ込められていましたがその後救出されました。

広報担当者によると作業員らは坑道内に設けられた換気設備のある待機所にいて、水や食料の差し入れもあり体調に問題はないという事でした。

ベアトリクス鉱山は25層から成り、最深部は地下約1000メートルに到達しているという。

*救出

国営メディアによると、地中から出られない状況が丸1日以上続き、作業員の家族らは怒りをあらわにして鉱山近くに集まっていたそうです。

鉱業と建設業の業界団体AMCUは声明で「このような事態に対応するための危機管理計画が準備されていないことに疑問を呈する」と述べました。

いろいろ言われてますが救助のために頑張った皆さんお疲れ様です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする