人も乗れるドローン「Ehang184」

*ドローン大国

火炎放射器をのせて電線のゴミを焼き払うドローンもある中国。

中国は私たちが知らぬ間にドローン大国になっていたようです。

すでに人を乗せて飛ぶドローンが1000回以上もテスト飛行を繰り返しているのだそう。

飛ばしているのはEhangのもの。最高速度は130km/hにも達します。

最新型の「Ehang184」は、4本の脚の上下に2枚ずつ、計8枚のプロペラを持っています。さらには行き先の住所を打ち込むだけで勝手に飛んでくれるハイテクさ。

自分で運転するにしても、ジョイスティック一本とペダルだけのシンプル操作です。

ふたり合わせて210kgの男性らが乗る事もできます。

強風の日や熱い/寒い日、台風などさまざまな環境下でも問題ありません。

高度300mまで飛んだことも、130km/hで8.5kmの高速&長距離飛行をこなしたこともありました。

既に実用レベルに達しています。

中国の映画業界はこれに興味を示し、ドバイでは観光客を運ぶ乗り物として導入を検討しているのだとか。

近い将来、私たちも乗ることができそうな予感がします。

*最新のドローン

人間も乗れるんですね。

すごいですね。

さすが最近の中国はやりますね。

そのうち一般家庭でも乗れるようになる可能性もあるでしょう。

空が飛べればずいぶんと楽になる事でしょう。

渋滞の心配もありません。

値段は高そうですね。

夢が膨らみます。

免許も必要ないですし、子供でも一人で乗れますよ。

いやあ、楽しみです。

まだいろいろ問題はあると思ますが、ぜひ実用化してもらいたいものです。

宅配便等仕事にも使えるでしょう。

それにしても様々なドローンがありますね。

ドローンというかUFOって感じですね。

これからもドローン開発頑張ってください。

応援してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする