ヒト細胞を持つヒツジ

*人間の遺伝情報を持っている羊

研究者によって新種のキメラが開発された。

キメラとは、同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や個体を意味する。

米スタンフォード大学の研究者らは、羊とヒトのハイブリッド胎児を作り上げた。

将来的に、臓器移植は人から人ではなく、動物から人への時代が来るのかもしれない。

世界で初めて作られた羊ヒトキメラは、ヒトの幹細胞を羊の胚に導入することで誕生した。99パーセント以上は羊であるが、ほんのごく一部分だけ我々と同じ人間である。

実験で作られた胚は、ヒツジの体内に戻して3週間成長させ胎児にし、28日に達する前に廃棄されてもいる。

ヒツジにおけるヒトの部分はごくわずかであるが、それが存在するという事実は、この研究分野において凄まじい議論を巻き起こしている。

「ヒト細胞の寄与率は今のところ非常に小さいものです。人の顔や脳を持つ豚といった類のものではありません」と、実験に携わった米スタンフォード大学の幹細胞生物学者、中内啓光教授は話す。

教授によれば、羊胚の中の人間の割合は細胞1万個につき1個でしかないという。

*今後の研究

小説や映画などでたまに出てきたりしますね。

人間と羊の遺伝子を混ぜたらどうなってしまうんでしょうか。

そう都合よく人間の臓器だけを持つ羊になるんですかね。

またずいぶんと難しそうな問題ですが・・・

臓器が必要な人には重大な事でしょうが。

漫画などではそういったキメラなどが書かれていますが本当にできるんでしょうか。

もし産まれたとしてもすぐに死んでしまうのでは?

2017年の初頭にも人間と豚のキメラが作られたそうです。

今後どうなるんでしょうか。

このまま実験を続けたとしても成功するのは五十年先くらいかもしれませんね。

あまり期待できないような気もします。

ただの推測ですが。

遺伝子組み換え作物などの問題もありますね。

今はこれといって何かあったとかはありませんが、これから先何か問題が発生する可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする