初代ドラゴンクルセイド

*当時流行った

ドラゴンクルセイドは大分昔のオンラインゲームです。

あの頃はかなり流行りましたね。

今からすればかなりしょぼいゲームだと思います。

初代町発展型ゲームでしょう。

仲間のキャラクターを一人増やすだけでもだいぶ苦労しました。

7人くらいまでしか増やせませんでした。

無課金でやってたせいかもしれませんが。

最近のオンラインゲームのように10人一気に増やせたりはしません。

あれはちょっと簡単に増やせすぎじゃないかと思いますが。

マスで区切られた全体マップがありその中の一つのマスが自分の領地になります。

さらにその領地もマスで区切られています。

そして、マスに色々な施設を建て町を発展させ、他のプレイヤーと戦ったり同盟を組んだりするゲームです。

こういったゲームをやった事がある人じゃないと分かりませんかね・・・

領地を攻めたり攻められたりします。

*町発展型ゲーム

最初に人間やエルフといった種族を選びます。

そして仲間のキャラクターを全体マップのどこかのマスを選び派遣します。

しばらくするとキャラが資源を獲得して戻ってきます。

全体マップに移動中のキャラは表示されませんが・・・

遠くのマス程時間がかかります。

普通は近くのマスから派遣しだんだん遠くへ行かせるんですが、最初からどこのマスへも派遣できるのでかなり離れたマスまでいかせてキャラクターが戻ってこなくなったとか言ってたプレイヤーいたそうです。

他のプレイヤーの領地へ派遣すれば攻撃することもできます。

たまに特定のプレイヤーへ対し嫌がらせのように連続で攻撃しまくる奴とかもいました。

何が目的だったんでしょうか?

あの頃はMMORPGばかりだったので目新しかったんでしょう。

サービス開始からしばらくして一つの同盟に所属してる奴らで一つのマップを領地で埋め尽くしていたという事もありました。

戦う時に有利だからでしょう。

まああと、自分自身のプロフィール画像を設定できるんですがランキング上位になぜかキチガイみたいな画像を設定してる奴が結構いたのが印象に残ってます。

他にも続編が出てたみたいですが既にサービス終了してしまったそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする