こだわり「黒毛和牛カレーパン」

*厳選カレーパン

伝法院通りで1日800個売れるカレーパン

『豊福』の「黒毛和牛カレーパン」¥290

浅草寺の脇を抜けた先、衣類や小物などを販売する狭小店が並ぶ伝法院通りには、江戸小物を中心にユニークな土産物が豊富にそろう。

この通りで食欲が湧く香りがしてきたら、それはカレーパン専門店『豊福』からだ。たっぷりの国産黒毛和牛と店オリジナルのスパイスを使い、8時間以上煮込んで仕上げたカレーは旨み、コク、程よい辛さと申し分なし。

ちなみに、濃い目の味だから冷めても美味しさが持続する。

場所:東京都台東区浅草2-3-4(浅草寺伝法院通り沿い)

*オリジナルのスパイスと調理法

豊福の黒毛和牛カレーパン食べてみたいですね。

添加物を一切使用していないそうです。

浅草寺の伝法院通りに店舗があるとのこと。

・カレーパンとは

カレーを具とする調理パンの一種である。

決まった定義があるわけではないが、ほとんどの市販製品は衣を付けて揚げもしくは焼いて提供される。

揚げたものはカレードーナツとも呼ばれる。

内部に入ったカレーはキーマカレーを具としたものもある。カレーライスのものよりは汁気がなく、垂れない工夫がされている。

人気のある惣菜パンであり、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで大手メーカーの製品が販売されるほか、市中のパン屋の名物商品となっている場合も多い。

カレーパンはあの衣がいいですねぇ~

7年前程浅草寺へ初詣に行ったことがあります。

人が凄かったですね。

あの時は警察官が規制をしていてなかなか前へ進めませんでした。

今はどうなんでしょう?

初詣はあのがやがやした感じが良いんですが規制のせいでまいちでした。

土産物屋が通り沿いにあるんですが人が入ってませんでしたね。

入りづらかったんでしょうか。

浅草寺は平日でも結構人がいますね。

行くなら平日の方がいいかもしれません。

あの時は帰ってから頭痛がして最悪でした。

何が頭痛の原因だったんでしょうか?

察しは付きますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする