注目のGK「ドンナルンマ」

【リヴァープールとレアル・マドリードが関心】

リヴァプールとレアル・マドリードが、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに関心を強めているようだ。

10日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

リヴァプールは、現在定位置争いをするドイツ人GKロリス・カリウスとベルギー代表GKシモン・ミニョレのパフォーマンスに満足しておらず、新守護神を探しているという。

今年1月の移籍市場では、ローマに所属するブラジル代表GKアリソンの獲得を試みたものの、ローマが要求する7000万ポンド(約103億円)という高額な移籍金に阻まれ、獲得を断念していた。そこでリヴァプールは、ターゲットをアリソンからドンナルンマに切り替えた模様だ。

そのドンナルンマには、レアル・マドリードも関心を示しているという。

マンチェスター・U所属のスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得を最優先として考えているものの、獲得に失敗した場合はドンナルンマ獲得に動き出す可能性が高いという。
ドンナルンマは現在19歳の、若くして将来が期待されているGKだ。

ミランでは2015-16シーズンから定位置を確保しており、今季のセリエAでは26試合に出場している。

果たして、ドンナルンマは今シーズン終了後に新天地を求めることとなるのだろうか。

同選手の去就に注目が集まっている。

【ゴールキーパー】

 ドンナルンマは今後どうするんですかね?

GKは大変なポジションだと言われています。

守って当たり前で一点でも取られたら責められます。

戦略眼や戦術眼も必要だそうです。

11人のプレーヤーの中で最も運動量が少なくてすみますが全体を見渡さなければいけません。

DFラインのみに限らずフィールドプレーヤー全体に指示を行う重要な役割も担っています。

試合終了間際で同点の場合や1点リードされている場面でゴールキーパーも攻撃参加に転じることがあります。

これは相手ゴール前での攻撃人数を増やす目的で、特にセットプレーの場合に実行される事が多いです。

プロリーグでも稀に見られ実際にゴールを挙げたゴールキーパーも少なからず存在します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする