コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

宇宙葬

アメリカの企業「エリジウムスペース」は12月4日、「宇宙葬」に成功したと発表しました。

宇宙葬は、故人の遺灰の一部をロケットで宇宙へ打ち上げる、散骨の一種です。

CNNによると、この打ち上げで使用されたロケットは起業家のイーロン・マスクさんが立ち上げたスペースXのもので、約100人分が乗せられました。

エリジウムスペースによると、今回の宇宙葬は、人工衛星により数日〜数年の期間をかけて地球を周回するプランです。

遺族や友人は専用アプリを使うことで、人工衛星の現在地などをリアルタイムで表示することができます。

人工衛星は最終的に地球の大気圏に再突入し、流れ星となるため、宇宙ゴミにもならないそうです。

人工衛星による宇宙葬の費用は30万円で、月着陸船の内部に搭載して月面に送る、120万円の月面供養プランもあります。

人工衛星プランの次回の打上げは現在のところ未定ですが、順次受付を再開する予定です。

月面供養プランは2020年の打ち上げを予定しており、予約を受け付けています。

同社は2015年に人工衛星プランを実施した時には、計画した軌道に到達できていませんでした。

宇宙葬ですか・・・

30万円なら安いかもしれませんね。

100人分だと3000万円ですがこれで儲けになるんでしょうか?

一般人では生きたままでは宇宙まではいけないでしょう。

せめて骨だけでも宇宙に行きたいという事でしょうか。

国内初の民間会社によるロケット打ち上げは2017年に堀江貴文さんが失敗しています。

今年の6月30日にも2号機を打ち上げたそうですがこちらも失敗に終わっています。

まあそう簡単にはいかないでしょう。

ロケット打ち上げには数々の失敗が付きものです。

あまり宇宙開発の方は進んでいませんね。

ちょっと費用がかかりすぎるんでしょうか。

別の星から資源でも回収できればいいんでしょうけど。

映画や小説のようにはいきそうもないですね。

宇宙へ気軽に行けるようになるのはいつになるでしょうか。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です