コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ボイジャー2号41年で星間空間到達

NASAは1977年に宇宙探査機ボイジャー2号を打ち上げました。

そして11月5日にとうとう太陽圏の外側にある星間空間に到達しました。

ボイジャー2号は現在、地球から約177億キロの遥か彼方を飛んでいます。

一方ボイジャー1号の方は既に2012年に太陽圏を飛び出し星間空間に達したとされています。

NASAは今年10月、ボイジャー2号もまもなく太陽圏を脱出する可能性があると発表していました。

1990年にボイジャー1号の太陽風検出器は機能停止してしまったものの、ボイジャー2号の検出器は依然、正常に作動しています。

そして11月5日には太陽風の粒子速度が急激に低下するのを観測しています。

それ以降太陽からの風をまったく計測していません。

これはつまり太陽圏を脱出したことを意味します。

さらにボイジャー2号の低エネルギー荷電粒子プローブ、磁力計、宇宙線サブシステムといったセンサー類も、太陽圏を出た事を示すデータを記録しました。

打ち上げから既に41年を経過したボイジャー2号は当初は5年間、木星と土星の調査をする事が最大の目標でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、両機とも今現在も稼働中でありNASA最長のプロジェクトとなっています。

NASAの太陽系物理学担当ディレクター、ニコラ・フォックス氏は「私たちの研究は太陽から始まり、太陽風が届く範囲の外へと広がります。ボイジャーが送り届けてきた太陽圏の縁に関する情報は、われわれに未知の領域を垣間見せます」と見解を述べています。

ボイジャー1号、2号は太陽風が届く、太陽圏から外へと出る事に成功しましたが、これは正確には太陽系から脱出した事を意味しません。

太陽系の最も外側には太陽の重力の影響を受けて漂う天体からなるオールトの雲があるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両機はともに最終的にはそこへ到達するはずですが、オールトの雲の内縁に到達するのには約300年かかります。

さらに雲の外縁へ到達するには約30000年かかるだろうと科学者らは推測しています。

ちなみに、40年以上も前に打ち上げたのになぜ未だ探査機と地上で通信ができるのかというと、ボイジャーに搭載されている太陽センサーのおかげです。

太陽と恒星カノープスの位置から割り出した地球の方向へアンテナを向ける事で現在も通信が可能となっています。

しかし、太陽から遠ざかるにつれ太陽光の検出が難しくなるため、ボイジャー2号との通信は2030年前後に途絶えてしまうと言われています。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です